1.成長期に身長を伸ばすには

1-1.成長期のお子様には栄養バランスの取れた食事を

親御さんにとって、お子様の成長は何よりも嬉しいものですし、毎日見れる変化はそれだけで宝物のようなものですよね。元気でたくましく、健康に育って欲しい。そんな願いを誰もが持っているものと思います。
そんな中、成長期のお子様の特に「身長」に関してのお悩みを抱えている親御さんも少なくありません。周りの子と比べると背が低い、なかなか身長が伸びない・・・そんな風に感じてしまい、焦りやストレスとなってしまうことも少なくありません。
また、両親共に背が低いから、子供も背が低いだろうと諦めてしまっている方も。ですが、身長の伸びに遺伝的要因が与える影響はさほど多くはありません。それよりもむしろ「後天的要因」が与える影響のほうが重要で、特に「食事」、「睡眠」、「運動」の3つは成長期のお子様には欠かせない重要なポイントです。規則正しい生活を送り、栄養満点のおいしい食事と適度に体を動かすこと。これが背を伸ばす為には必要不可欠なのです。

1-2.食事はバランスよく、運動は激しすぎるものは控えて。そしてしっかり睡眠を

よく、「背を伸ばすにはカルシウムが大事!」と言われていますが、カルシウムだけを摂取していても身長は伸びてはくれません。牛乳などに含まれているカルシウムは、それだけでは体に吸収されにくいという性質をもっていますから、その吸収を促進してくれる栄養素と一緒に摂らなければならないのです。その栄養素とは、「ビタミンD」のことをいいます。このビタミンDがカルシウムの吸収をサポートしてくれます。牛乳だけを飲ませてりいればいいという訳ではないのです。その他の栄養素(たんぱく質、鉄分、亜鉛など)をバランスよく食事に取り入れるように工夫しましょう。巷には「成長サポート飲料」などもありますから、こうしたアイテムを使うのもいいですね。
また、小さい頃から激しい運動はあまりよくありません。激しすぎる運動は骨の成長を阻害してしまいます。おススメなのは、体全体を使う運動です。水泳や、なんとラジオ体操も効果的ですよ。楽しみながら継続して続けることが大切です。
そして、良質な睡眠も大切。睡眠時は、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返しているわけですが、この「ノンレム睡眠」が重要。ノンレム睡眠時には「成長ホルモン」が盛んに分泌されますから、深い眠りにスムーズに移行できるように、出来るだけ早めに布団に入って体を休ませてあげてください。ぐっすり眠れる環境づくりも大切ですから、親御さんが工夫してあげてくださいね。

1-3.まとめ・・・

一般的に身長が伸びやすい成長期とは、「小学生から高校生にかけて」だと言われています。個人差はありますが、この時期をどのように過ごすかで体の基礎が決まっていくといっても過言ではないでしょう。体と共に「心」も健やかに成長していくことができるよう、親御さんのサポートは欠かせないのです。