1.成長期に足を長くする方法とは

1-1.足を長くするためにはまず正しい姿勢を保つことから

成長期とは、一般的に子供たちの身長が一番ぐーんと伸びる時期のことを言います。この時期をどのように過ごしたかで、身長の伸び、体の基礎に大きく関わってきます。また、お子様の足を長くする方法はないのだろうか、という点において色々悩んでおられる親御さんも少なくありませんが、実は、足の長さや身長には、「体の歪み」も関係してきます。小さい頃から正しい姿勢を保つという癖付けをしてあげることが大切なのです。

1-2.O脚、X脚に気をつけて

両足のくるぶしをぴったり付けて真っ直ぐに立ったときに膝の間に隙間が出来ることをO脚、両膝は付くのに両足のくるぶしが付かないことをX脚といいますが、これはどちらも「体の歪み」によるものです。体の歪み、足の歪みはスタイルを悪く見せるだけでなく、身長の伸びにも関わってきますし、様々な原因不明の不調もこの体の歪みによるものだということも分かっています。ですから、出来るだけ普段の生活の中で正しい姿勢を保つことを意識し、癖付けしてあげることが大切になってくるのです。
猫背になっていたり、バランスの悪い立ち方、歩き方は、体や足の歪みを増長してしまいます。歩くとき、立っているときは、腹筋と背筋の両方に力をいれて真っ直ぐな姿勢を保ちましょう。足を組んで座ったり、どちらか片方の足に体重をかけた立ち方もNGです。普段の意識付けが大事ですから、出来るだけ親御さんも見守り、声掛けしてあげるようにしてください。

【関連記事】
http://xn--n8jp7a4f4olcucxezb8787d3dtavp8a.com/column/countermeasure/height-o-legs/

 

 

1-3.まとめ・・・

このように、長い足を手に入れる為には、「美しい姿勢を保つ」ということが必要不可欠だということがわかりました。ですが、これだけではありません。身長を伸ばし、しっかり体を作るためには、「バランスのよい食事」、「質の高い、深い睡眠」、「激しすぎない適度な運動」が重要なのです。
また、成長期のお子様は成人並みのエネルギーを必要とすると共に、成人以上のエネルギーを消費するとされています。ですから、規則正しい食事、生活を送らないと「エネルギー不足」に陥ってしまいやすいのです。食事の面では、肉、野菜、魚、乳製品をバランスよく取り入れるように心がけ、心も体の十分満足できるような食卓作りを心がけてください。そして、良質な睡眠を得る為の環境作り(枕や布団の調整、室温、部屋の灯り等)のサポート、子供たちが楽しく無理なく続けて行けるような運動を取り入れること。こうした面を整えてあげることも親御さんの大切な務めのひとつであるということをご理解いただけたらなと思います。
身長を伸ばすこと、綺麗で長い足を作ること、強い体を作ること・・・お子様の成長は、親御さんにとってはかけがえのない大切な宝ですから、出来るだけのことをしてあげたいと思うのは当然です。ですが、その思いが空回りしてしまったり、親と子、双方にとってストレスやプレッシャーになっていないかどうか、時々振り返ることも忘れないでください。