1.身長を5cm伸ばす方法

1-1.体を柔らかくし、歪みを直すことで背はまだまだ伸びる

成長期を過ぎていても身長を5cm伸ばす方法があるってご存知でしたか?何もしなくても背が伸びる、毎日体が大きくなっているようだ・・・少し大げさかもしれませんが、個人差はあるにしろ、成長期のお子様はそんな風に感じるくらい背がググーンと伸びていきます。
ですが、社会人になってしまってからでは背を伸ばす方法なんてないし、もう身長が伸びることはないのだろう。そんな風に諦める必要はありません。成長期を過ぎても背を伸ばすことは十分可能なのです。コツは「体を柔らかくすること」と、「体の歪みを直すこと」です。簡単なストレッチと日ごろの意識付けで大きく変わってきますから、実践してみましょう。

1-2.ストレッチは夜寝る前に行うのが効果的

ではなぜ体の柔軟性を高めること、歪みを整えることで背が伸びるのかと言いますと、いわゆる「X脚」、「O脚」、「骨盤の歪み」は足や腰の本来の位置を「つぶして」しまっていることになるので、これをまっすぐに直してあげるだけで約5cmほど身長も上に伸びてくれるのです。体が硬いとこうした歪みを矯正する上でもなかなかスムーズにいきませんし、縮こまった筋肉は身長の伸びを阻害するきっかけにもなってしまうのです。ですから、毎日これらを正すストレッチを行うことが大切なポイントになってくるというわけなのです。
具体的にどのような方法があるかと言いますと、簡単なところでは「前屈運動」でしょう。これは立位の状態でも長座位(足を伸ばして床に座る)の状態でも行うことが出来ます。勢いをつけて体を倒すのではなく、息を鼻から吸って口から吐きながらゆっくりと行いましょう。
また、仰向けの状態で体をぐーっと伸ばしてリラックスすることも効果的。さらに「O脚」、「X脚」を矯正するには、両膝の間に座布団やバスタオルなどを挟み、落ちないようにしながらスクワットのような動きをすることがよいとも言われています。
これらを行うタイミングとしては、お風呂に入った後の寝る前に行うのがベスト。温まった体は普段よりも柔軟性が高まっていますから、このタイミングで行うとより効果的ですよ。

1-3.まとめ・・・

成長期を過ぎてしまったからといって、背が伸びない訳ではありません。これまで述べてきましたように、体の柔軟性と歪みを見直すことで身長を伸ばすことは可能なのです。大切なのは、こうしたストレッチをきちんと毎日継続すること。短期間で劇的な効果が現れるというものではありませんから、長期的な視野を持って毎日続けてみましょう。
それと併せて、「バランスのとれた食事」と「規則正しい生活」、「ストレスの軽減」も大切なポイントです。出来るだけ外食やファーストフードは控え、夜は早めに布団に入ってリラックスした状態を作ってあげましょう。ストレスを適度に発散することも大事。ストレスは実は身長の伸びを阻害することにもなるものですから、気をつけてくださいね。