1.身長を伸ばすためには睡眠が重要

1-1.質の高い睡眠は身長を伸ばすことに必要不可欠

「寝る子は育つ」。これは昔からよく言われてきたことですよね。事実、睡眠と身長の伸びには深い関わりがあり、身長を伸ばすために必要なことは、「栄養バランスのとれた食事」と「適度な運動」、そして、「質の高い睡眠」の三つだと言われているのです。
欧米の子供と比べると、日本の子供は平均睡眠時間が短いというデータがありますが、実際に欧米の子供たちは、成長期を過ぎても身長が伸びる割合が大きいようです。しっかり十分な睡眠を得ること。これがとても大事なことだということをきちんと理解し、睡眠環境を整えることが必要なのです。

1-2.睡眠の質を向上するための方法は様々

具体的に、理想的な睡眠時間はどれくらいかと言いますと、小学生、中学生は約9時間、高校生になると約8時間だとされています。ですが実際の平均睡眠時間はこれより2時間ほど少ないという統計がとれており、睡眠時間が十分に確保されていない現状がうかがえます。各自それぞれ意識的に睡眠時間を確保する必要があると考えられます。
また、睡眠の質を向上するためには、「心地よい睡眠環境」を作り上げる必要があります。ベッドマットや枕の硬さと硬さ、室温、室内の明かり調整などを見直してみましょう。それから、食事は出来るだけ終身時間の2時間前までに済ませるように心がけてみてください。眠る直前に何かを口にしたことで胃が活動状態にあると眠りが浅くなってしまい、成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。このことにも注意してみてください。
そして、就寝前の「入浴」も大切。入浴することでリラックス効果を得ることが出来ますし、入浴して体を温めてあげると、布団に入って眠るころにはちょうど良い体温になっているのです。是非実践していただきたいと思います。

1-3.まとめ・・・

睡眠には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の二種類があり、深い眠りのノンレム睡眠時に成長ホルモンがたくさん分泌されるとされています。ですから、出来るだけこの「ノンレム睡眠」にスムーズに移行していくことが大切になってくるわけです。
深い眠りを得るためには、美味しい食事をきちんと食べてお腹を満たすこと、適度に体を動かして汗をかき、心地よい疲労感を得ることが大切です。「食事」、「睡眠」、「運動」は密接に関わって連動しており、どれかひとつでも欠けてしまうことは、身長の伸びを含む「子供の健やかな成長」を維持、増進することが出来なくなってしまうことにもなるのです。
お子様が遅くまでテレビを見ていたり、ゲームやパソコン画面とにらめっこしたりしていませんか?脳を不用意に刺激することは、質の高い睡眠を妨害することに繋がります。特にネット社会の現代において、小学生や中学生が布団の中でスマホを操作している姿が珍しくありません。こうしたことを親御さんがきちんと把握し、回避する手立てを考えていくこともこれからは必要なのです。