1.身長を伸ばすための食べ物

1-1.成長期にはバランスよくいろんなものを食べよう

成長期とは、個人差はありますが、一般的には小学生から高校生にかけての時期のことをいいます。この時期は成人以上にエネルギーを必要とし、同時にエネルギー不足に陥ってしまいがち。身長を伸ばすため、そして体の土台を作るためにも、色々な食べ物からバランスよく栄養素を摂取しなければならないのです。好き嫌いの多いお子様のためにも、親御さんの工夫がとても大事になってきます。偏った食事にならないようにサポートしてあげましょう。
また、身長を伸ばすためには牛乳を飲んでカルシウムを補わなければならない、と昔からよく言われていますが、牛乳だけを一生懸命飲んでいても身長は伸びません。その他の栄養素と一緒に摂取しなければカルシウムは十分に体に浸透してくれないという特徴がありますから、このこともしっかり頭に入れておきましょう。

1-2.たんぱく質、鉄分、ビタミン・・・体はたくさんの栄養素を必要とします

では、具体的にどのような食物から色々な栄養素を摂取すればよいのかを述べていきます。まずは三大栄養素のひとつでもある「たんぱく質」です。これは臓器や筋肉、皮膚や髪などの組織を作る働きをします。主に肉、魚、卵、大豆に含まれています。次に「鉄分」ですが、これは赤血球を作るのに欠かせないものです。成長期は貧血になってしまいがちですから、積極的に鉄分を補うようにしましょう。レバー、魚介類に多く含まれています。レバーが苦手な場合はプルーンや緑黄色野菜から補うようにしてもよいでしょう。また、カルシウムと一緒に摂取することで、吸収されにくいカルシウムの栄養素を運びやすくしてくれるのが「ビタミン類」です。ビタミンは、脳や神経、皮膚などの健康を保つためにも欠かせません。主に果物に多く含まれています。
こうした様々な栄養素をバランスよく食事に取り入れてあげてください。野菜を小さく刻んでひき肉と混ぜたミートボール入りシチューなどは、いろんな栄養素を同時に摂取することが出来るのでおススメですよ。
その他にも、成長応援飲料などをおやつ代わりにしてあげるのもいいでしょう。インスタント食品やスナック菓子の代わりにこうしたサポート飲料を取り入れてみるのもひとつの方法です。

1-3.まとめ・・・

自分の子供の背が低い、まわりのほかの子と比べると見劣りしてしまう・・・そんな風に感じ、悩んでおられる親御さんは少なくありません。ですが、成長のスピードは人それぞれ。個人差がとても大きいものです。出来ればまわりとあまり比較せず、長い目でお子様の成長を見守ってあげましょう。もちろん、その中でも成長をサポートしてあげることは欠かせません。普段の食事はもちろんのこと、ぐっすり眠れているか、ストレスを感じたりはしていないか、毎日元気に体を動かせているか・・・こうした面にも注意してあげてください。様々な角度からお子様の健やかな毎日を見守っていくことが大切です。