1.身長を伸ばすツボについて

1-1.成長ホルモンの分泌を促すことが身長を伸ばすカギ

身長を伸ばすツボなんてあるのでしょうか。実際には、「身長を伸ばす」というよりも、「身長を伸ばすために欠かせない成長ホルモンの分泌を促す」ツボと言ったほうが正しいでしょう。このツボは両足の裏にあり、この部分を的確に刺激することで成長ホルモンの分泌を促進し、身長を伸ばす可能性を高めてくれるというわけなのです。また、足の裏には様々なツボがたくさん集まっていることで有名です。足裏全体をゆっくり揉み解してあげることは、健康維持の為にも効果が期待できます。

1-2.足の裏にあるツボ「3箇所」を知り、刺激しよう

では、身長を伸ばすのに効果的だとされるツボの場所を3箇所ご紹介しましょう。ぜひ覚えて実践してみてください。
まずは、「両足親指の真ん中の部分」です。ここのツボを押すことで成長ホルモンを生産する器官である「脳下垂体」の働きを活発にし、成長ホルモンの分泌を促すのです。
次に、「両足親指の下の膨らんでいる部分」ですが、この部分には「甲状腺ホルモン」の分泌に関係するツボがあるとされます。この甲状腺ホルモンは骨の成長に深い関わりがある為、ここを刺激することも効果的だと考えられます。
また、「右足の土踏まず付近」にあるとされるツボですが、ここは肝臓の働きを促してくれるツボです。肝臓は骨の成長に関係する「ソマトメジンC」というホルモンが生産される場所でもありますから、この部分を刺激することも身長を伸ばすサポートをしてくれるでしょう。
このように、足の裏にあるツボを刺激することで背が伸びる可能性はさらに広がると予想されるのです。

1-3.まとめ・・・

足の裏、手のひら、耳には、無数のツボがあるとされ、それらは細かく体のある部分と連動していると考えられています。昔からの東洋医学に基づくこうした考えは、古くから実践され、今に至るまで続いてきたのです。漢方薬などにも共通して言えることですが、こうした東洋医学には即効性はあまり期待出来ません。体の根本的な部分に働きかける東洋医学は、継続することでその効果が現れてくるものですから、そのことをまず理解しなければなりません。つまり、例えば今日ツボを押したからといって、明日その効果が現れるということではないのです。「継続は力なり」という言葉があるとおり、こうしたツボの刺激やマッサージ、ストレッチなどは、きちんと毎日続けることが重要なのだということを頭に入れておきましょう。
また、ツボ押し、ストレッチだけに頼るのではなく、「毎日の生活を見直す」ということが最も重要。普段の食事、睡眠、運動の有無・・・一度振り返ってみましょう。インスタント食品やファーストフードばかり口にしていないかどうか。十分な睡眠時間を確保しているかどうか。適度な運動を取り入れ、体を動かしているか。こうした基本的な部分をまず見直していくことが大切なのだということをしっかり理解し、実践しましょう。