1.セノビックは何歳から始めるべきか

1-1.セノビックを始めるなら「成長期」がベスト

身長が伸びない、周りの子と比べるとなんだか背が低い・・・そんなお子様に飲ませたいのが、ロート製薬が開発した成長応援飲料「セノビック」です。実際にお子様に飲ませたことがある、もしくは継続している親御さんからは多数の喜びの声が口コミとして寄せられているようです。
ところがこのセノビック、対象年齢が明記されていません。実際何歳から飲ませても大丈夫なのか。この部分って重要ですよね。特に小さなお子様に飲ませる場合は不安になってしまうでしょう。「成長期応援飲料」というくらいですから、成長期とされる時期に飲ませるのがベストだと思います。それ以前の幼児期に飲ませても大きな問題はないと思いますが、特に積極的に飲ませる必要はないでしょう。焦らずタイミングを待つようにしてみてください。

1-2.小学生から高校生頃に飲ませるのが最も効果的

一般的に「成長期」と呼ばれる時期は、小学生から高校生頃までのことを言います。身長が伸びるタイミングやスピードに関しては個人差が非常に大きいものですから、すべての人に当てはまるとは限りませんが、概ねこの時期を目安にしてセノビックを飲ませるようにすると良いでしょう。就学前の幼児は体も小さく、アレルギーなどの可能性もありますので、あまり早い段階からセノビックを試す必要はないと思います。普段の食事でバランスよく栄養素を摂取出来るように心がけてあげましょう。
成長期に入ると体が急に大きくなったり、背がぐっと伸びたり、様々な変化が見られるようになります。この時期は「食べても食べても太らない」という子供も多く見られますから、それだけエネルギーを必要とし、同時に消費していることになります。ですから、食生活が乱れているとエネルギー不足に陥りやすいという危険もあるのです。セノビックで普段の食事では補えない部分を上手にサポートしてあげるようにしましょう。もちろん、食生活の見直し、改善も重要なポイントですから、必要な知識を頭に入れておくことも親御さんの大切な役割だということを心に留めておいてくださいね。

 

1-3.まとめ・・・

このように、セノビックを飲ませる時期としては「体が大人に近付いていく成長期」の頃が良いと考えられます。特に女子は「生理」が始まりますから、男子と比べると貧血になりやすい傾向にあります。こうした背景も考慮しながら、食事面ではしっかり気をつけて管理してあげるようにしてください。
また、勘違いしやすいのが、「セノビックを飲ませれば誰でも身長が伸びる」ということ。そんなことはありません。10人いれば効果も10通りです。すべての人にまったく同じ効果が現れるわけではありませんから、お子様の状況に合わせて継続、見直しするようにしてください。
そして、なによりも大切なのが「他人と比べない」ということ。あまりにも周りと比較しすぎて、お子様にとっても親御さん自身にとってもプレッシャーにならないよう心がけましょう。

→ 成長応援飲料「セノビック」の詳細はこちら